上演作品

  • 元素G第10回公演

『クジラが捨てた島』

あらすじ
波の音を聞きながら、少女は一切の記憶を持たず目を覚ました。
人魚の肉を食べた僧侶、語る物語を持たないストーリーテラー、八人目の小人、長靴を履けなかった狐、ハーメルンの歌唄い・・・
不要になった者達が集められたそこは、クジラが捨てた島と呼ばれていた。
記憶がない少女は不要になったと言われてもピンとこず、どこかで諦めや悲しみを持つ島の住人達に疑問を持つ。どうして島から出ないのか?状況を打開する為に少女は決断する。
物語に必要とされずとも、自分の物語を生きていく。
日時
2019年11月7日(木)〜10日(日)
場所
調布市 せんがわ劇場

  • 元素G第9回公演

『よくあるはなし』

あらすじ
地球に隕石が落ち、滅亡する事が発覚して約半年。地下シェルターの中で女が7人、数時間後に迫るその時に怯え震えていた。不安が高まり溢れ出た彼女達の本音、告白、裏切り、崩壊・・・それでも一緒に最期を迎える女たちの物語。元素G初のストレートプレイに挑戦です。
日時
2018年11月22日(木)〜25日(日)
場所
参宮橋 トランスミッション

  • 元素G第8回公演

『アリスは不思議の国の夢を見る』

あらすじ
白いウサギを追いかけてアリスが迷い込んだのは不思議の国。生意気なチェシャ猫が常について来て、上から目線の青虫は歌を歌い、不思議な双子の昔話を聞かされて、陽気な帽子屋達はルールの無いティーパーティー。話を聞かない侯爵夫人に、4人の女王は命をかけたゲーム大会を開く。元素G第3回公演「アリスは不思議の国の夢を見る」、ついに再演!
日時
2017年5月26日(金)〜28日(日)
場所
調布市 せんがわ劇場

  • 元素G第7回公演

『ワン・ウーマン・ショー』

あらすじ

日時
2016年4月15日〜17日
場所
調布市 せんがわ劇場

  • 元素G第6回公演

『ぱらいそ』

あらすじ

日時
2015年5月2日〜4日
場所
千歳船橋 APOCtheater

  • 元素G第5回公演

『Bye Bye Blue bird』


  • 元素G第4回公演

『100万回Regret』


  • 元素G第3回公演

『アリスは不思議な国の夢を見る』

あらすじ
時間の流れを作る時計ウサギ、傍観者のチェシャ猫、均衡を保つ双子、記憶を消す帽子屋、記憶を隠す三月兎、記憶をぼかすネズミ、愛を作る女王様・・・世界の裏側で上演される一夜だけの「不思議の国」。今夜の主役はあなたかも。現実逃避の先に見た夢は、自分が主役の物語。
日時
2012年5月日(金)〜6日(日)
場所
参宮橋 トランスミッション

  • 元素G第2回公演

『なのかかん』


  • 元素G第1回公演

『花火の夜に』

あらすじ
恋愛、友情、将来。全てに全力で悩んでいた青春と呼ばれる時期。18歳のよしみは友達の夏代、美奈と一緒に学校へ忍び込み屋上で花火を見ることになる。悩み抜いた高校時代を経て社会人になり、それなりに穏やかに過ぎる日々。23歳のよしみもまた夏代、美奈と一緒に学校へ忍び込み屋上で花火を見ることになる。自分たちの将来、自分たちの今、自分たちの過去について話す6人と、よしみの心の中にいるもう一人のよしみ。成長するには短すぎて、変化に抵抗し続けるには長すぎる5年間を、花火が照らす物語です。
日時
2008年8月9日(土)
場所
浜田山会館ホール